コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

第5波逆張り 負けトレード②

みなさん、こんにちは!

チャックのFX16回目です。

さて、今日はいつものように私の鉄板パターンの第5波逆張り

を紹介したいと思います。

でももう少ししたら次のパターンを紹介していきたいと思います。

私が考えている目安としてはこのパターンを10回紹介したら次に

行きたいなと思っています。一つのパターンで10トレードくらい見ると

なんとなくイメージがつくと思います。

とはいっても今日は負けトレードなんですが(笑)

でも負けトレードも大切ですよ!こじつけトレードで負けるのは論外

ですが、正しくエントリーしても負ける時は負けるっていうのがFXです。

なので自分のトレードがこじつけなのか、正しい負けトレードなのかの

判断はすごく重要です。

そして勝ちトレードと正しい負けトレードの勝率や損益率がその手法の

実力です。そして、どれだけこじつけトレードやエントリー

すべきではないのにエントリーしてしまうという回数がどれくらいなのか

というのも重要になってきます。その回数が少なければ少ないほど

実力のあるトレーダーだと思いますし、多いというのは少しいろいろ

反省の必要なトレーダーだということです。

さて、今日の画像です。金曜日のトレードだったと思います。
5波逆張りエントリー 下降トレンド②

これは下降トレンドからのV字っぽい動きを見せたところでの

エントリーです。

この負けパターンは比較的珍しいパターンです。

なにが珍しいかというと今回は第5波ではなく、第7波でトレンドが

転換していますよね?

この第7波で転換というのが比較的珍しいです。

こういう5波で転換しないときは、9波で転換することが多いです。

結構上昇の勢いの強いときですね。

なので、私はいつも第5波で負けても9波でとるということがけっこう

あります。しかし、今回は第7波での転換でした。

まぁ勢いが強かったので、波動のカウント以外に移動平均線などの

抵抗体が作用したといえますが、なかなか珍しい形でした。

あと、こういう波のカウントがすごくしやすいようなきれいな形になる時

は普段とはちがう動きをすることが多いです。

ヘッドアンドショルダーとかもそうです。

あまりに形がきれいだとあやしいと思えというのはよく言われることです。


みなさんも、自分のトレードのいろんな負けパターンを集めると

負けてもまぁ今回はこうきたかってあんまり負けが気にならなく

なっていくのでおすすめです!


今日も読んでくださりありがとうございます!

みなさんもトレードがんばってください!

ぜひ、応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ


では、失礼します!
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

第5波逆張り ~下降トレンド~

みなさん、こんにちは!

チャックのFX15回です。

今日は、もうあきたかもしれませんが、私の鉄板パターンの一つ

第5波逆張りエントリーを紹介します。

昨日のトレードですが、今回は下降トレンドの中での第5波逆ばりパターン

です。

まずは画像を見ていただきたいと思います。
5波逆張りエントリー 下降トレンド①

いつもと雰囲気が全く違うと思うと思いますが、これは第5波逆張りの

応用パターンといったらいいですかね?

このパターンは、1時間21日移動平均線がそこそこ長い間下降していて

相場自体もゆっくりでもいいので一貫して下降していることが条件と

なります。

明確な下降トレンドの中、このチャートのように強く下降したあと、

もみ合いの中で5つの波動が確認で来たら逆張りでエントリーします。

出現率は、こういう強い下降トレンドそのものがあまり出現しないので

多くはないです。一か月に強い下降トレンドは1~2回くらいなので

そのなかで2、3回くらいチャンスがあるのでチャンス自体は4、5回は

あるのですが、下降トレンドの中では落ちだしたら早いのでエントリーを

逃すことも少なくありません。

なかなか難しいものです。

ちなみに決済はこのようになりました。
5波逆張りエントリー 下降トレンド①2

強い下降だったので、いつもより少し利益確定を遅くして40pipsで

決済しました。

もうひと伸びあったので待ちたいところでしたが、まぁいつも25から

35、待って40pipsととりあえず決めている部分があるのでOKなのです。

まぁ心の中でちょっと残念ですけどね (笑)

大きく待つパターンは落ち始めの初動で30pipsから40pips一気に

下降した場合はかなりしばらく待つことにしていますが、まぁ2、3か月に

一回くらいとらえられればいいかなって感じの値動きです。

さて、せっかくなのもう一つ。チャートを紹介したいと思います。

私がエントリーしようか迷った挙句、エントリーしないと決めたトレードです。
5波逆張りエントリー 下降トレンド①3

これも比較的下降トレンドの中ではよくあるパターンですが、

時間をかけて5波を作っていくんですね。下降トレンドの中ではもみ合った

あとにキュンと5波を作る場面と、このようにじわりじわり5波を作る場面が

あります。

今回はまず、Aの時点でエントリーしようか迷いました。

しかし、波動を形成する時間の幅を考えると短すぎるように感じました。

そこで、このAの動きを第1波とする5波が形成されるか、完全な5波が

できる前でも第3波がしっかり形成された後、再び上昇の兆しを見せたら

エントリーしようとトレードの計画を立てました。

すると、思った以上にキュンとBの上昇がありました。

迷いました。このキュンはそのまま下降っぽくも見えましたが、

初めに計画を決めていたのでそっちを優先しました。

そしてたら、上昇の兆しも見せずに、そのまま下降していきました。

まぁよくあることですが、こういうのはなんか損した気分になるから

困りますよね(笑)


では、今日は更新が少し遅くなりましたが、変わらず、このブログを

読みに来てくださりありがとうございます!

また、ぜひいらしてください!

ぜひ、応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
コンテントヘッダー

ノートを書くのは大切です。

みなさん、こんにちは!

チャックのFX14回目です。

どうせならランキングでいいところまでいけないかなと思うのですが

もしよろしければ協力をお願いします。

ぜひ、このリスくんクリックしてください!
人気ブログランキングへ


さて、みなさんはトレードノートを持っていますか?

どんなことを書いていますか?

ノートをとにかくきちっとかける人は勝てるようになるし

ノートをきちっとかけない人は勝てるようにはなりません。


ノートの大切さと効果をすごく実感したエピソードがあるので今日は

それをお話ししたいと思います。

昔、行政書士を目指したいという友達がいました。

その友達はあまり勉強もしたことがないひとでなにからはじめれば

いいかわからないといいました。

私は一緒に本屋に行って参考書を選び、勉強のコツを教えました。

そして最後に、「勉強なんかやればだれでもある程度はできる。

だけど、『勉強する』ということがなかなかできないから結果がでない」

ということを伝えました。そして、とにかく毎日1分でもいいから勉強

をするという習慣をまずつけること。中身なんかともなわなくていいから

とにかく参考書を開き、何かを覚えるなり、問題をとくなり「勉強をする」

ということを毎日できるようになるように言いました。

はじめの二週間はそれだけで十分だと言いました。

そして毎日ノートをつけて、勉強したら日付を書いて一行でも

いいから勉強日記をつけるようにいいました。面倒だったら

日付を書いて、○を書くだけでもいいといいました。毎日の積み重ね

を目に見えるように残しておくように伝えました。あとから見て

達成感を得るためのものです。

そして二週間がたちました。

彼は言ったのです。

「ノートすごいっす。マジですごいっす。行政書士とかとらなくても

いい気がしてきました」

彼は律儀にノートを書いていました。

しかし、いつの間にかそのノートはスロットノートになっていました。

彼はスロットで食べてるようなやつだったのですが、まぁ月に10万

勝てればいいところみたいな実力でした。

でも勉強ノートを書くときに、なぜかその日のスロットの結果も

一緒に書いていたらしいです。そして、成績を書いているうちに

気が付いたことや、共通点、自分の感情と結果の関係性など様々な

ことに気が付いて言ったらしいです。

そして、初めの一週間ですごくたくさんのことに気が付き

次の一週間でそれを修正したらスロットの成績が底上げするかの

ように安定して上昇したそうです。

彼はそれからもメキメキ向上と安定の道を歩んだそうです。

しっかりノートを書いて気が付いたことをメモる。それを応用する。

その繰り返しさえできていれば、FXでも勝つ方法は簡単に見つかります。


まぁ方法は見つかっても、心の強さ、一貫性などわかっていてもできない

という心の問題の壁が次にくるのですが、とりあえずハッキリした

希望を見ることはできるというお話でした。


いつもとは少し変わった内容になりましたが、ノートを書いて

記録をつけることはものすごく大切です!


では今日はこの辺で失礼します。

いつも来てくださった本当にありがとうございます。

ぜひまた来てください!お待ちしています!


応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ

コンテントヘッダー

第5波逆張り ~微妙な反転~

みなさん、こんにちは!

お元気でしょうか?

チャックのFX たぶん13回目になります!

私もだいぶブログを書くというペースになれてきました。

毎日パソコンの前に座っているだけという専業ならではのつまらない

毎日でしたが、なんとなく人のために何かをやってみるというのは

良い気分です。専業で一番つらいことは、あまり人と関わらないという

ことです。これが思った以上にストレスであえて時間をつくって

人と接する機会を作らないと声を発せず毎日が過ぎていきます。

それにして、普通の人が時間がある夕方以降はチャートから

離れられないのでなお難しいことになります。土日は人と会ったりも

しますが、人間それだけでは人と接する時間が少なすぎるということが

よくわかります。もし専業を目指す方がいたら、自分は人と会わなくても

生きていけかということを本気で考えたほうがいいと思います。

私にとって一番つらくストレスなのがそれです。

さて、中身に移っていこうと思います。

ぜひ、このリスくんクリックして応援をお願いします!
人気ブログランキングへ


さて、今日も第5波逆張りエントリーの画像を上げたいと思います。

昨日のトレードです。
5波逆張りエントリー⑤

この画像は今まで紹介してきた第5波逆張りエントリーと比べると

結果がやや微妙なことになっています。

何が微妙かというと、きれいに第5波までを形成したトレンドですが

その後の反転の仕方があまり勢いよく下降していないですよね?

これまで紹介した3つか4つは比較的カクンと下降しているパターン

だったのではないかと思います。

こういう時には、だいたいしばらくもみ合った後にカクンと下降して

35pipsくらい取れるパターン(つまりモミモミしながら15~20pips

くらい下降してそのあと20pipsくらいの下降が起こるパターン)

あるいは、モミモミしてから上昇トレンドを継続するパターンです。

今回は25pipsまでは下降したので、25pipsで利益確定しておけば

よかったですが、今回は35を目指していましたので反転して+10pips

まで含み益が減ったところで決済でした。

結果として+10pipsでした。


みなさんにとってこの第5波逆張りエントリーというのは、どう映るので

しょうか?

私にとってはすごくシンプルで判別しやすいので気に入っているパターン

なのですが、どうでしょう?

わかりやすさ、誤解のなさではピカイチな気がするのでまずこの

パターンをメインで紹介していこうかなと思っているのですがいかが

ですか?

このパターンだけでも月にエントリーは20回前後チャンスが

あります。利益としては100pips~200pipsくらいなもんです。


私の望としては、こうやってトレードを紹介する中で、みなさん

それぞれ手法をもってらっしゃると思いますが、その手法への

理解や経験、相場背景による使い分けが十分かどうか、

十分でないならなにが足りないのかについて考えていただければ

と思います。私としても、これやれば勝てるよなんてものは存在しない

と思いますし、相場は手法はなんでもいいとすら思っています。

要はその武器をどれほど使い込み、理解するか。

すべての場面で使える手法はありません。

逆にすべての場面で使えない手法もないんです。

自分の手法が使える場面と使えない場面、確率で期待値が

プラスになる場面とマイナスになる場面を見極められるようになる

かということです。

それがFXで勝てるようになるということです。


今日も偉そうなことをたくさん言いましたが、たぶんほかの意見は

あっても間違ってはいないんじゃないかと思うので、参考になる

部分があったら役に立ててください!

今日もありがとうございます!

またぜひ来てください!


そしてぜひ、応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
コンテントヘッダー

ノートレードの日はどんな気分?

みなさん!こんにちは!

昨日は突然お休みして失礼しました。

楽しみに来てくださっているかたには申し訳ないことをしました。

いつも来てくださってありがとうございます!

かぜはとりあえず、咳が残ってるくらいでとりあえず元気です。

ぜひ、このリスくんクリックして応援をお願いします!
人気ブログランキングへ




さて、今日はなにかトレードを紹介できたらと思ったのですが、

昨日はあまりいい形もなくノートレードの一日でした。


なかなか待ってもチャンスが来ないというのはみなさんはどんな気分

ですか?

「どうでもいい」と答えられるかたはおそらく勝っているトレーダーで

自分のルールも確立していて、経験も十分なかたなのではないかと

思います。

「エントリーしたくなってしまう」「微妙なエントリーをしていまう」

「チャンスが近くもないのにチャートから離れられない」

こういう状況はルールがちゃんと確立していない、あるいは

手法以外のトレードに対する姿勢が甘く、近いうちに大損をしてしまう

危険のある方たちでしょう。

ルールと時々破り、そのうち自分をゆるせないくらいのルール破りを

してしまい、もう歯止めが聞かなくなり、損が大きくなりすぎて決済する

までルールを破り続ける方々なのではないかと思います。


FXなんてチャンスがないならチャンスがないでいいんです。

また2、3か月かけてルールを増やしたらいいんです。

あせってルールを増やしても負けがかさむだけです。

FXで焦ることは自分の首をしめることです。

のんびりでいいんです。

のんびりやっていると結果として、すごい勢いでお金が増えてる現実

に気が付く時がきます。

月に増える金額が50万を超えると信じられないくらいお金が増える勢い

を感じます。でもそれはのんびりやった結果じゃないと近い将来

100万くらい損することになるものです。

そしてお金が増える勢いにビビり始めたらまた数量を小さくしましょう!

あるとき月に50万くらい増えてもあんまりなにも思わなくなります。


トレーダーは精神的にかなりきつい部類の職業だと思います。

だからこそ焦りは禁物です。

チャンスがなくても気にしない。儲かってなくても気にしない。

しかしそのかわりしっかり足は地につけて、検証とルールの研鑽は

かかさずコツコツやりましょう。

急がば回れとはFXのためにある言葉じゃないかなと思うくらい重要な

ことです。そしてらうまく行き始めます。


みなさん。ただでさえキツイんですから、それ以上追い込むのは

やめましょう!


今日も来てくださってありがとうございます!

このブログからなにか得るものがあったら嬉しいです!

さぁ今日もトレード頑張っていきましょう!


ぜひ応援のクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

コンテントヘッダー

本日お休みさせていただけきます

すいません。

風邪をひきまして、本日ブログお休みさせていただきます。


もしよろしければ応援のクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
コンテントヘッダー

損益率とは

みなさん!こんにちは!

今日は4年前くらいにブログをやっていたころの記事を紹介したいと

思います。昔の記事のなかでもまぁ役に立ちそうなものがあったので

土曜日は昔の記事の紹介ってことで楽しようかなと思います(笑)


ここから↓昔の記事。


お越しくださり感謝しています。

本日の話題は初めてお越しいただいた方でもわかりやすい内容になっています。

本日のチャっくんの目標は「シンプルにしっかりまとめる!」です。

最近記事が長いです・・・。

しっかりまとめます。


是非元気が出るように応援のワンクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ
リス君をクリックしてあげてください!


さて、本題のFXの話に入っていきましょう!  
 (今日はすらっと中身あるないようにまとめます!)

先週から言っていたように今週は損益率についてお話します。

損益率とは一般には「損失と利益の比率です。」

みなさん「バルサラの破産確立表」というのはご存知ですか?
a
この表のことなのですけれども。

チャっくんにとってこの表と出会ってからFXに対する考え方ががらりと変わりました。

それ以来この表は手放せません。

とはいえ、なんか難しそうですよね?

簡単にチャっくんのFXに必要なことだけを言うのでこれだけ覚えておいてください。、

①利益と損失が同じなら2回に1回以上勝っていれば儲かる!ということ。
                   
②勝つときは損する時の倍勝っておけば3回に1回勝てば損はしない。
つまり、勝率33%以上なら勝ち続けることができるということ。

この2つだけでOKです。

まず、①から言えることは、FXでトレードをする時1回の損は絶対に1回の利益を

超えてはいけないということです。

FXは、手法とかいろいろ言いますが所詮は上がるか下がるか、1/2です。

1回の利益を1回の損失が上回るということは必ず50%以上の勝率を保たないと

総合利益は±0にすらなりませんよね?

みなさん、考えてください。

2回に1回以上勝っているのに、なぜか利益は上がらない。

それどころか、トータルがマイナスである状態がほとんど。

もしくは、連勝して利益がたまり始めても、利益以上の損失であっという間に±0。


これはかなり精神的にきつくないですか?

そういう状態の中でも、時には勝率をもっと上げなければFXで利益を上げることは

できません。

それが、FXのトレードにおいて利益を損失が上回るという状態です。

みなさんはどうですか?

また、勝率が50%を下回るということも今のと同様の状態を引き起こします。

どこが違うかというと、負けが込んでいます。今ようやく負けを帳消しにする

くらい含み益がたまっています。しかし、利益を獲得するにはまだ決済できません。

しっかりもっと待たないと。

なぜなら、そこで±0にしても勝率が低いので±0のあとにはまた損が溜まって

しまうからです。すると、値が戻して損ぎり・・・・。

でも損は小さいから・・・大丈夫・・・だと思います。連敗多いなぁ・・・・・。

でもまた次のチャンスを狙います。

よし今度も含み益溜まってきたぞ!もうちょっとだ!・・・・・また損ぎりかぁ・・・。

これを繰り返してようやく利益がでました。

なんとかよかった。

でも、また次の1勝するまでが長いかも・・・。精神的にきついです・・・。

これが勝率が50%を下回るという状態です。

もちろん勝てるときは勝てます。

でも、勝率が低いということはこういう状態がたびたびくるのです。


しかも、チャっくんはスキャルなので、スキャルでこの状態はかなりきついです。

だから、FXにおいて

利益は損失を常に超えていなければならない、

そして、勝率も50%を超えていなければならない。


ということはとても大切な原則だとチャっくんは思っています。


ではここで、損も利益もすべては結果の話ですよね?

結果として反省して次のトレードに生かしていこう!

というのが世間一般の考え方です。

なぜかですか?

なぜなら、利益も損失もいつも一定ではありません。

多い時も少ない時もあります。

だから、多くの人はある程度の回数のトレードの平均利益と、平均損失によって

この損益率の計算をしてトレードを見直しているのです。

しかし、これではどうしても損益率を安定させて、精神衛生上良い状態で

トレードし続けることは難しいと思いませんか?

どうしても結果はばらけてしまいます。


そこで、チャっくんはある方法を思いつきました。

実は、前回から幾度かご紹介していますが損益率をチャっくんは独自の考え方

で捕らえています。

「損益率とは、損失可能性と利益可能性の比率である」としてエントリールールと

してはじめからトレードに組み込みました。

すると、圧倒的に1週間、1ヶ月単位での勝率が急上昇しました。


チャっくんの記事をいろいろ読んでくださっているかたは、チャっくんがそれぞれ

のエントリールールに名前をつけていることをご存知だと思います。

実はあれ、ちゃんと意味があるのです。

チャっくんは必殺の鉄板パターンをいくつも持っています。

それぞれ頻度は少ないですけど代わりに勝率が高いです。

そして、鉄板パターンを増やすことで一日のトレード回数を確保しようというのが

チャっくんのFXです。


そして、それぞれパターンが明確に決まっているので、ボラリティ、移動平均線の

位置関係から予め損益率を計算するんです。

そして、必ず勝てそうな場面でも、万が一の損失がほぼ確実に獲得できそうな

利益を少しでも上回っていた場合、エントリーはしません。

これは、すごく精神的には誘惑が大きいですが、結果として精神的にはすごく

楽になります。

今のでなんとなくわかったでしょうか?

説明が下手でスイマセン・・・。

実はこれを徹底するためにいくつもの工夫をしています。

しっかりしたエントリー以外の損益率のルールを作らなければ、とても

自分の財産を守ることはできません。


こういうことも、昨日お話した「ルールを守るという本当の意味」に

該当することかもしれません。


こうきくと、エントリールールなんて小さなことに思えてきませんか?

こういうことは経験によって学びます。


具体的な話はまた明日にしたいと思います。

明日は実際のチャっくんのトレードとあわせてこういうところに

損益率の工夫があるということをお話いたします。


結局長くなってしまいましたが、お付き合いくださりありがとうございました。

自分にとって得るものがあったと思っていただけたら、よろしければ

応援にリス君をクリックしておいてくださったらとても嬉しいです。

人気ブログランキングへ
また明日も待っています。

今後もよろしければ訪問してください。

よろしくお願いします。

それでは!
コンテントヘッダー

第5波逆張りエントリーβ

みなさん、こんにちは。

チャックのFX9回目です。


さて、今日はこのブログに来てくれている方ならもうなじみがあるのでは

ないかと思うのですが、第5波逆張りエントリーについての応用

トレードを紹介したいと思います。

これまでの記事から相場の中に一定のテンポというか上昇下降の

法則がありそうなことは感じてくださっているのではないかと思います。

これまでは、かなり短い期間での5波を数えて逆張りをしてきましたが、

この第5波のβバージョンは少し期間が長めのパターンです。

考え方は同じですが、エントリーのタイミングの見極めが難しく

勝率もやや下がるところですし、出現率はあまり高くありません。

こちらです。
5波逆張りエントリーβ①

今までのパターンと比べて倍くらい時間をかけて5波を形成しています。

そして、エントリーも頂点でのエントリーを狙うのではなくて下降圧力

を確認してからとなります。

この波動論という考え方はなれるまではなかなか難しいところも

ありますが、ぜひ数えてみてください。

質問がありましたら、なんでも言ってくださいね!

結果はこうなります。
5波逆張りエントリーβ①-1

35pipsで利益確定です。ストップはいつもの通り10pipsで設定していました。

損益率は3.5なのでなかなかいいトレードでした。

まぁ利益確定した直後に大きな下降が起こり、うううっという気持ちも

正直ありましたが、まぁ比較的よくあることなので気にしないことに

しています。あと30分持っていれば100pipsを超える値動きだったので

悔しいですが、まぁ相場とはそういうものです。

こういうときに、あせって変なトレードをして自分のリズムを崩さないことが

もっとも重要と私は決めているのでチャートを閉じて「自分は成長

している、自分は成長している」と言い聞かせています (笑)


トレードは本当に自分との戦いだなと思います。

私も昔よくあったことですが、こういう場面で下手に逆張りして損を

重ねて確定した利益を吹き飛ばしたり、飛びついてエントリーして

たいした利益も出ないうちに利益確定して、また逆張りしたり。

しっかり経験を詰める方法でエントリーするようにしない限り

勝てるようになはならないと私は考えています。

お互い頑張っていきましょう!

今日も来てくださりありがとうございます!

またぜひいらしてください!


ぜひ応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
コンテントヘッダー

第5波逆張りエントリー 負けトレード

みなさん、こんにちは!

チャックのFX 8回目です。


今日は、今まで3回ほど紹介してきた第5波逆張りエントリーの

負けトレードを紹介したいと思います。

数年前、私がまだどんな手法でFXを戦っていったらよいのか迷い

悪戦苦闘していた時、さまざまな手法を勉強したり探していた時に、

一番知りたいことは、その手法で勝っている人たちがどんな風に

負けているのか、ということでした。

なぜなら、自分も同じようにやっているのになかなか勝てない。

勝てるようにルールを調整してみると、チャンスが全然なかったり。

どのような負けはルール上しょうがない負けで、どんな負けは、自分の

判断のせいなのかがわかりませんでした。

しかし、ネットやブログ上では勝ったトレードはたくさんありましたけど、

負けたトレードはあまりなくて勝っている人は負けないのかなとすら

思いました。

さて、この画像を見てください。
5波逆張りエントリー④

見てほしいのは一つ目のトレードのほうです。

二つ目のトレードは第5波逆張りエントリーとは全く関係ないほかの

パターンなので今日は気にしないでください。

さて、これは昨日のトレードですが、このチャートは1分チャートですが、

1時間チャートではボリンがスクイーズ状態で、値動きに勢いは

ありませんでした。

なので、私は波動を緑のラインのように数えていました。

第3波を終えて、4波が始まった時点で、次にギュギュっと上昇したら

エントリーしようと考えていました。その理由は、取引のあまり活発

ではない相場では、ある程度上昇すると、第5波をきれいに完成

させずに第5波が始まったくらいでポジションを利益確定する人が

多かったり、売りでエントリーする人が増えるように思います。

そのため、勢いが微妙なときは早めに入ることを意識しています。

そのために、このタイミングで入りました。

しかし、実際は思ったようにはなりませんでした。

私が判断したよりも、上昇の勢いが強かったのです。

結果的には、赤いラインのように相場は動いていました。

判断を誤った理由は、ちょうどこの上昇が始まったあたりには

4時間の21日移動平均線があり、4時間チャートでは上昇

の勢いが結構強かったです。

私は4時間チャートの移動平均線でエントリーしてくる人は

今回はそんなに多くはないと思っていましたが、多かったです。

その判断ミスのためにこのトレードは負けトレードになりました。


これはよくある負けパターンの一つなので、エントリー時にどっちかなぁ

と思っていたので、そっちだったかという感じでした。

昨日の記事で負けトレードは大切だ、という内容を書きましたが

自分のトレードを理解し知ると、このように負けても特になんとも

思わなくなります。

ぜひ、自分のトレードにあてはめて振り返ってみてください!

では今日もありがとうございました。

またのおこしを楽しみにしています!


ぜひ応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
コンテントヘッダー

損切はキツイもの?嬉しいもの?

みなさん、こんにちは!

チャックのFX 7回目です。


今日は私がFXで一番重要だと思うもの、「損切り」について

お話ししたいと思います。

まず、思うことは損切りをまったくぶれない精神でできるように

なれば、FXで勝てるようになります。

私が、よくやる方法は、トレードしながら、これ使えるんじゃないかな

と思ったエントリータイミングを見つけたとします。

まずエアトレードとでも言うんでしょうか。とりあえず、でもトレードの

ようなことを一週間くらい続けて様子を見ます。

次に、三週間で枚数をすごく小さくしてトレードしてみます。

そして、だいたい新手法を見つけた時はとりあえず100敗することを

目指します。トレードノートのわきに負けるとごとに1/100、2/100

というように、100敗を目指していきます。

だいたい20敗から30敗くらいするとその手法のおおよその負けパターン、

そしてそのパターンだと思い込んで、もしくはこじつけてエントリー

してしまうパターンが見えてきます。そして、50敗を超えるころ

にはもう基本的にはいつものパターンがほとんどになってきます。


FXでトレードし続けるにあたり最も価値のあるトレードは負けトレード

です。勝ちトレードは正直ラッキーだとでも思っておいたほうがいいです。

しかし、負けトレードの中には、勝ちパターンを見つけるきっかけが

たくさんありますし、自分のルールをよりよくするためのヒントがあります。

負けトレードにこそ価値がある。

しかし、どんなにルールを改善しても平均した勝率が70%を超えることは

まずないと思うべきです。まぁこれは私のトレードが損益率が2.0以上

(ストップが10pipsなら利益確定は20pips以上)にこだわっているため

ですが、FXで負けることは絶対に必要なことです。避けられないこと

というよりたぶん必要なことだと思います。

こういう考え方をしていると、損切りというのは、その手法を磨いて

いくにあたり、とりあえずガンガン集めていきたいものになります。

負けが集まらないと、手法の確立もなにもあったものではありません。

決して嬉しいものではありませんが、しかし、必要なものです。

ぜひ自分の損切りの美しさ、満足さについて振り返ってみてください!


今日も来てくださり、ありがとうございます。

またぜひおこしください!


そして、ぜひ応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
コンテントヘッダー

1分小もみエントリー

みなさん、こんにちは!

祝日どうはみなさんどうお過ごしでしたでしょうか?

私は実はライトノベルが結構好きなのですが、久しぶりに

気に入ったものがありひたすら読んでいました。

読みだしたら今出ているものすべて読むまで止まらず、

三回ほど本屋に通い、13冊読み切ってしまいました (笑)

チャックのFX 6回目です。

さて、内容に入っていきたいですが、その前に!

書いた記事を読んでいてなんとなく、自分は偉そうだな

と思ったんですが、一応コンセプトとして、自分がこれまで

学んできた中から、まだなかなか勝てない状況でがんばっている

かたがたに何かのヒントのようになればなと思って書いている

ものです。私も学生時代は塾の先生をやっていたので、

少し上から目線なのはその成果もしれません。

スイマセン。ですが、役に立つことを書いていきたいと思います。

私よりもすぐれたトレーダーはたくさんいると思うので改善点や

指摘などありましたらそれはフィードバックしていきたいので

なんでもコメントいただければと思います。


さて、まずこの画像を見てください。

金曜日のトレードでした。
1分小もみエントリー①
スイマセン。ちょっと値幅が大きいトレンドだったので見にくい

と思いますが、赦してください。

これは1分小もみエントリーと私が読んでいるトレードです。

一時間ボリンがブレイク状態で、上昇が始まったとき

その初めの1分チャートレベルの3分~5、7分くらいの

小さなもみ合いでエントリーするトレードです。

鉄板パターン②で紹介した1h小もみエントリーの

1分チャートバージョンと思ってもらってもいいかもしれません。

画像を見ていただきたいですが、Aのタイミングではまさか

こんなにすぐに強い上昇が始まるとは思っていませんでした。

そして、Bのタイミングではまだまだ反転かなーと思っていたら

ギュンと伸びて、おお!って感じでした。

しかしCでむむむと思いながら反転か伸びるか考えていました。

反転するならここです。しかし、ここで伸びるなら上昇です。

そんな風に思いながら上昇して、初めての小さなもみ合い

を作ったのでエントリーしました。

こういう強すぎると思うような上昇のあとの初めての小さい

もみ合いのあとはかなりの確率でさらに上昇します。

ぜひ覚えておきたいタイミングだと思います。

そして二枚目の画像ですが
1分小もみエントリー①-2

決済はいつものように25pips、伸びそうなら30~35pipsと

思いながら眺めていると35を達成します。

そしてここでDの場面でキュンと鋭い下降を見ます。

こういうキュンという長ヒゲはそのまま下降を始める

ことが非常に多いのでここまでか!と思い決済します。

+27pipsでした。

そしたらEのもうひと伸びがきて、うお、そうきたかと思いましたが

特にドテンとかもしていなかったのでよかったなという

感じです。

ほかにも金曜日のトレードが少し画像上にありますが、

結構長く書いてしまったので、今日はこの

1分小もみエントリーってことでお許しください!

今日も読んでくださりありがとうございます!

あ、ちなみにこのトレードは1時間ボリンがブレイク状態の

時の強いときにしか使わないほうがいいと思います。

それいがいでは、ほとんどの場合レンジの先っぽとかになって

負けまくるタイミングなので1時間チャートレベルの

ボラリティブレイクでのみ使うべき手法です。

あ、、、ボラリティブレイクはただ上昇トレンドが始まる

だけじゃなくて、勢いが急に増えるようなトレンドのことを

言います。

すいません。なるべくわかりやすく書きたいのですが、

概念が難しくて、、、あの、わかりにくいときとか

これはどういうことだとかありましたらぜひコメント

でお願いします。

まだ始めたばかりなのでせっかく来てくださっている方の

ために書けたらと思いますので。

よろしくお願いします。



ぜひ応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
コンテントヘッダー

トレードルーティーン

みなさん、こんにちは!

お元気でしょうか?

チャックのFXも6回目になりました。

今日もなにか役にたつことを書ければと思います。


それで、なにいいテーマはないかなぁと考えていたんですが

今机で、オレンジーナを飲み干してこれだと思ったテーマが、

「ルーティーン」です。



私のトレードは、祈ることからはじまります。

私はクリスチャンなので、祈りでトレードをはじめ

祈りでトレードを終わります。トレードで神様に

祈るのもどうかなと当初は思っていたのですが、

トレードで勝てるように祈るのではなく、自分が

自分自身をコントロールできるように、誘惑や

自分の弱さに負けないように祈るなら変では

ないなと思い祈るようにしています。

まぁそれはいいのですが、祈って、ノートを本箱から

取り出して、開きます。日付を書いて、その日の指標などを

まず書き出します。それからルールファイルを出してきて、

絶対守る三か条のルールをまず読み上げます。それから

精神的ルール(勝手にこう読んでいますが、手法とは関係の

ない、ストップラインを絶対に動かさないとか、枚数は絶対に

週間計画で決めたもの以外ではやらないとかそういうルールの

ことです)を読み上げて、今日も守る決意をします。

そして昨日の反省のワードファイルを

開いて読みます。そして、昨日のトレードの画像ファイルを

眺めながら、昨日のトレードを思い出します。

それから過去3日~5日分くらいの反省ファイルを見直して

そのあと、今週の計画と先週の反省を読み直します。

それから、今日の目標と気をつけることなどを書き出します。

そのあと、自分のトレードルールを読み直し理想のトレード

ができるようにイメージを固めます。

そして、チャートを開き、昨日の夜からどんな風に動いたかを

確認し、まず、日足チャートのボリンと平均足の形を分析し、

今後のいくつかの値動きの可能性を書き出します。

そして4時間チャート、1時間チャートというふうにいくつかの

今後の値動きのパターンを書き出して、今日の戦略を

イメージします。そして、それから15分チャートの分析を

します。これは日足、4時間、1時間とは異なるもっと

しっかりした分析をします。

そして、それが終わったところで、トレード開始の合図を

ノートに書いてトレードを始めます。

これをするまでは絶対にチャンスがあってもエントリーは

しないようにしています。だいたい、30分トレードまでに

準備をしてトレードを開始します。


このルーティーンを作ってみて、あえて続けているのは

FXではいつも通りの行動をすることが求められている

と私は思っています。

そのため、いつも通りではないことを決してしないように

するためにこのルーティーンを作りました。

今では、このどれか一つでもしないとものすごく

違和感があります。

そして、今日は書きませんが、この後の実際のエントリー

のための相場分析の方法であったり、エントリーや決済も

とにかくいつもと同じ、いつもと同じを意識して、その時

限りの行動はFXにおいて絶対にとらないようにしています。

確率や期待値によって生きている世界なので、その時限り

というイレギュラーはその先数か月、1年後を考えると

ものすごいマイナスなことになります。

半年に1回くらいイレギュラーなことをするという習慣でも

ついてしまったらえらいことです。

いつか絶対に相場に殺されることは間違いないような

実感があります。


おそらく、働きながらトレードをされているかたも多いと

思うので、ここまでやるのは大変かもしれませんが、

トレード前の準備はものすごく大切です。

なにかルーティーンを作ってみることをおすすめします。

ルーティーンの流れに乗っているという実感は気分が

良いものですよ!なんか今日も勝つための努力と

継続を続けているというなんとなく誇らしい感覚です。


今日も読みに来てくださってありがとうございます。

またぜひ来てください!

土曜日は更新で来たら更新しますが、ちょっとどうなるか

わかりません。日曜日は更新をお休みさせてもらいます。

ありがとうございました!

では!



ぜひ応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
コンテントヘッダー

波動の数え方

みなさん、こんにちは!

今日も来てくださり、ありがとうございます。

なんとかチャックのFX 5回目になります。

ブログなんて書いたのもう4年ぶりくらいですが、不思議

な感じですね。誰にあてて書くというものでもなく、自分の

知っていることをこんな人たちに読んでもらいたいみたいな

ある意味あいまいな相手に向かって手紙を書くみたいな。


ぜひこちらを見てください。
5波逆張りエントリー③

昨日のトレードで、これまで三度目の紹介になる

第5波逆張りエントリーです。この名前は私が勝手にネーミング

しているだけですが、すいません。なんとなく私はいろいろ名前を

つけるのが好きみたいで、いろんなものになんとなく名前を付けています。

さて、今回もいつも通りですが、今回は今まで紹介したパターンとは

少し雰囲気の違う第5波逆張りエントリーです。

何が違うかといいますと、これまでのは、15分ボリン(紫の細いライン)が

ブレイクしていて、15分ボリンの+3σを突き抜くような上昇の中の

さらなる上昇での逆張りでした。

今回は、15分MA(移動平均線のことです:Moving Averageですね)が

下降しているような状態からの、反転での上昇でのエントリーになります。

似てるような形ですが、相場参加者の心理状態は全く異なったものに

なります。ここの形だけは似ていても、その後の動きのパターンが

全く違ってきますので注意です。

FXにはよくこういうことがあります。その時の動きのパターン事態は

似ていても相場全体からのその形の意味合いが違うみたいな。

ルールを作り始めたり、新しい手法を組み込んでいくときは、この

同じ形が出てくるけど、意味が違うパターンを見極める必要があります。


さて、今日はタイトルに波動の数え方と書きましたが、少しだけ

波の数え方を紹介したいと思います。

波動論にはルールが結構たくさんあるのですが、

『まず重要なことは第三波が一番短い波になることは決してない』

ということです。

とりあえず、今日はこのルールだけなんとなくそんなものかと

頭の片隅にでも入れておいてください。

そのうち、波動論に関するしっかりした記事でも書こうと思います。

さて、もう一枚画像を見てください。
5波逆張りエントリー③-2

さっきの画像と同じ場面ですが、波の書き方がちがいます。

私はさきほどの緑のラインの数え方で第5波を識別して逆張りの

エントリーをしましたが、波にはこういう数え方もありますよね?

このオレンジの数え方も正しい数え方です。

ではなぜ緑の数え方をしたかというと、オレンジの形はまだ

まだもうひと伸びする形だからです。

5波を作っているので、売りで入ってくる人たちが増えるタイミング

ですし、15分ボリンの+2σもあります。しかし、オレンジの数え方の

第4波からの第5波の移り方に迷いがないですよね?

迷いがないとはあまりもみ合いをしないでそのまま上昇している

ということです。これは相場全体がここで上昇することに

ほぼ満場一致で賛成しているということです。

そして満場一致で賛成して上昇をはじめても、そこからギュンと

伸びていますよね?これは相場が上昇に賛成しているので

このあともう一度もみ合った時に買いたい人は確かに増える

はずで、大きく伸びるかはおいておいて、少なくとも一度

売りたい人より買いたい人が増えて上昇の兆しを見せる

と私は判断しました。

しかし、このように勢い任せに伸びたあと、しかも第5波を明確

に形成した後はみんなそろって売りに来ます。

そして、+25pipsで利益確定ということになりました。


相場の価格は売りと買いのバランスで決まります。

参加者が買うか売るかで値段が決まるのです。

その心理を読み解き相場が動く方向にポジションを

持つことがFXでよいポジションを持つコツです。

そして、間違えてもいいんです。間違えたらすぐに

損切りすればいいんです。私も損切りはよくします。

いつもうまくいくことなんてありません。


すいません。今日は少し長くなったうえに難しかった

ですかね?もっと初心者の方が勝てるようになるきっかけに

なればと思ってブログを始めたのですが、これは初心者のかた

にはわからないですよね、、、。すいません。

もう少しわかりやすいようにがんばります。

今日もありがとうございました。

ぜひまた来てください!



ぜひ応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
コンテントヘッダー

1時間小もみエントリー

みなさん、こんにちは。

今日も来てくださってありがとうございます。

チャックのFX4回目です。


こうして記事を書こうかと思うとですね、昨日気が付いた

あの事とか、こないだ気が付いたあのこと書いたらいいかな

とかいろいろ考えるのですが、落ち着いて考えてみるとやっぱり

みなさんが知りたいのは、画像付きのトレード画像かなと思うので

とりあえず、しばらくはいいトレードパターンがあったらトレードを

紹介したいなと思います。

やっぱり自分がビギナーの時もそうでしたけど、いろいろ学ぶことが

あるのはわかっているけど、結局やっぱり一番知りたい、見たいのは

勝っている人たちがどんなエントリーをしてどんなタイミングで決済

して、どんな負けトレードをするのかでした。

なのでその思い出をもとに記事を書いていきたいと思います。

さて、今日はタイトルに書きましたが、

とりあえずはこちらを見てください。

1h小もみエントリー
1h小もみエントリー(1-2)


昨日のトレードです。一時間ボリン(15分チャートでいえば

赤色のライン)がブレイクしている上昇トレンドでの

トレードです。正直にいうと、私は上昇トレンドでのトレードが

あまり好きではありません。

なぜかというと、上昇トレンドは上昇と下降を繰り返しながら

上昇していきますが、下降トレンドにくらべて上昇トレンドは

そのアップダウンが激しいです。

なのでエントリーしてもそのまま損切りということが頻繁に

起こります。しかし、上昇するときは一気に動きます。

つまり、一発当てれば大きいのですが

当てるまでにそこそこ損は覚悟ということになります。

そうすると、結果が数か月単位では安定するのですが、

週単位は、月単位では結構あいまいで安定しません。

なので、よっぽどここだ!と思う形でなければエントリーしないように

しています。

今回は、一つの鉄板の形で、一時間ボリンがブレイクで、15分チャートを

見るとわかると思いますが、ぎゅんと下降するもののすぐに明確に上昇

していますよね? 1分チャートで言えば、V字を形成しています。

1時間ボリンブレイク状態で、ご覧のような1時間平均足の並びで

(私は1hボリンブレイクと自分ではノートに書いているのですが)

移動平均線や、ボリンの+1σなどの抵抗帯でV字反転するとき

勝率は結構高いです。

エントリー時の目標pipsは25pips。しかし、上昇の雰囲気から

もうひと伸びすると考え30~35pipsと変更。

しかし、もうひと伸びという動きもなく目標pipsに達したので

決済すべきかもうひと伸びを待つべきかと悩みましたが、

長期のチャートを見ると、トレンドというよりレンジなので、どこで

売りが強くなるかわからない場面なので決済しました。

まぁそうしたら、思った通りもうひと伸びがありましたが、まぁこんな

もんです。

質問等ありましたらなんでもお聞きください。

今日も来てくださりありがとうございます。

ぜひまた来てください!

では!


ぜひ応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
コンテントヘッダー

FXで「勝つ」とは?

みなさん、こんにちは。

今日も来てくださってありがとうございます。

チャックのFX 3回目です。


さて、今日はふと思ったテーマについて話したいと思います。

「FXで勝てるようになりたい」とはおそらく多くの方が思って

ことなのではないかと思います。

私は投資の世界でまだたったの6年しかいませんが、

ある意味6年もたったと自分では思います。

そんな拙い経験の中でですが、私は今も、FXで勝てるように

なったとは本当の意味では思えません。

確かに、ルール通りのトレードを100回したらほとんど確実に

利益を残せる自信があります。1000回トレードしたらかなりの

利益を残せると思います。

しかし、みなさんよく知っていると思いますが、FXでは、たった

一回精神的に追い詰められ普段ではありえないトレードをして

損切りしたくても損切りできない精神状況になったときに

負けるものです。

私も資金管理や精神状況を守るためにさまざまなルールを

作っていますが、究極的に言えば、ありえないミスをして

よくあるパターンにはまることは考えられるなと思っています。


「勝てるようになる」というのは、手法はほとんど関係ない

ということをみなさんには知っていただきたいです。

FXが騙し合いということを知っているでしょうか。

チャートの上での大きなファンド同士の大きな資金での

攻防があります。

大衆心理に真っ向から挑むファンドもいます。

つまり、ありえないと思える、絶対認められないような

負けトレードが起こるのはある意味必然なのです。

そうやって資金を奪い合うのがFXの世界だと思います。


勝てるようになるために必要なことは一貫性。

確固たるルールを守る決意とそれを貫く意思です。

そしてルールをいつも最善のものに調整をできる

根気と継続力。そして、楽しくなくてもこつこつ続ける

謙遜さと誠実さだと思います。


手法は結構あると思います。

大局的な相場の変化にさえ気が付けるようになれば

あとはその相場ごとでよくあるパターンは比較的たくさん

あります。そのいくつかは紹介するつもりでいますが、

手法があろうが、手法が機能しない連敗する時期に

何ができるトレーダーなのか、何をしてしまうトレーダー

なのか。

いつも勝てるものなどありません。

勝てるものを勝てる時期に使う、そういう使い分けが

できなければ絶対勝てません。

あとは心の問題です。


みなさんがこれに賛成していただけるかはわかりませんが、

これが私がこれまでトレードを続けてきて感じるFXで「勝つ」

ということです。

違う考え方のかたもいると思うのそれも尊重したいと思います。

でも、もし今日の私の書いたことの中から感じるものがあって

考えたことがあればぜひ実行してみてください。


今日も何かの参考になればと思います。

書いてて思いましたが、今日の記事はあんまりおもしろくないかも

しれないですね、、、苦笑 すいません。

でも今日も来てくださってありがとうございます。

ぜひまたおこしください。

ぜひ応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ

コンテントヘッダー

第5波逆張りエントリー

みなさん、こんにちは。

チャックのFX 2回目です。

実はこのブログのタイトルは4年くらい前に私がFXで

まぁ勝てるなと思えるようになったころに一度はじめたとき

のブログを同じで、URLも同じです。

もしそのころを知ってらっしゃるかたがいたら声を

かけてくださったらとても嬉しいです。


さて、タイトルに第5波逆張りエントリーとしましたが、

ちょうど、金曜日の雇用統計のあとにもわかりやすい

パターンがあったので紹介したいと思います。

とてもよくあるパターンで、ちょうど負けトレードもあった

ので合わせて紹介したいと思います。

前回の記事(はじめに)で紹介したパターンと同じパターン

ですね。

5波逆張りエントリー②

こちらを見てみてください。

矢印でエントリーして、※マークで利益確定、または損切りです。

線でこのトレンドの波動を示してみたのですがわかるでしょうか?

緑のラインが大きな波動、赤のラインが緑の波動の第3波になります。

初めのトレードはこのとき一時間ボリンで+3σを突き抜いていたので

赤いラインの波動でトレンドを完成して反転するかと思ったのですが

そうはなりませんでした。

なので第五波がキュンと伸び始めたところでのエントリーでした。

もう少し待ってもよかったですが、ぎりぎりで損切にはなりませんでした。

波動の数え方はなれるまでは少し難しいですが、なれれば簡単です。

エリオットの波動論についてはまた後日少しずつ説明していきたいと

思います。

もし参考になればとても嬉しいです。

FXは確率的に50パーセント以上勝てるところで、

損益率が1.5以上であればかなり継続して利益を上げる

ことができます。

損益率は、例えばその場所の損切が10pipsなら、

利益確定の平均が15pips以上になるということです。

この損益率は非常に大切です。

私は、むしろ小さな利益確定はせず、もし損切が10pipsなら

15pips以上含み益がたまるまでは決済はしません。

FXは確率と相場参加者との心理戦です。

やりたくないことをできるようになりましょう!

またぜひお越しください!


ぜひ応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ

コンテントヘッダー

はじめに

みなさん、こんにちは。

チャックのFXに来てくださってありがとうございます!

みなさまが来てくださってとても嬉しいです!

さて、みなさんはこのブログに来て知りたいことはただ一つだと思います。

このブログがみなさんのトレードを向上させるものなのかどうか!

この一点に尽きるのではないかと思います。

なので、さっそくまず、トレードを見ていただきましょう!
5波逆張りエントリー


このトレードは、私のトレードの中でも鉄板のパターンで勝率の

そこそこ高いトレードになります。

今回はストップ10pips、リミット20pipsの損益率2.0のトレードでした。

1分チャート5波完成逆張りと名付けていますが、上昇にはテンポ

があります。1分チャートレベルの急な動きに対しても

上昇のリズムは意外と一定であることに気が付きました。

このトレードはそのテンポを利用してのトレードです。

トレードの詳しい内容はまた少しずつ紹介していきたいと思います。


さて、私のトレードを一つ見ていただきましたが、

私はこのような鉄板パターンと呼べると思った

トレード手法をいくつか見つけ、それを根気よく待ちながら

トレードをしていくスタイルです。

ブログの中では少しずつパターンを紹介していったり、

私のこれまでの取引のなかで学んだことで初級、中級のみなさんが、

相場の中で生き残っていくためになにか少しでも

役に立てたらと思ってこのブログを続けていきたいと思います。


さて、私がこのブログを始めた理由は、自分のトレード生活

を振り返ったときに、自分が相場で生き残れるようになったのは、

ネット上に存在する数少ない良質なブログのおかげだなと

思ったからです。FXのブログはたくさんありますが、

本当に相場の世界で生き残るのに力を与えてくれる

ブログは非常に少ないように感じます。

なんとなく、ふと、そういうブログの一つを自分が書くことができたらな

と思ってこのブログを始めました。

トレードを初めてもう6年が経ちました。

そのころ私は大学生でした。

FXの流行り具合はおそらく最高潮だったのではないかと思います。

私がお世話になってきたブログの多くはFXの流行りの廃りとともに

姿を消したものもあります。

なんとなく、このタイミングでブログをやってみたいなと思ったので、

なにかの縁だと思ってよろしくしてやってください。

みなさんのお役に立てることが一つでもあれば嬉しく思います。

ぜひまた来てください!お待ちしています。

チャック


ぜひ応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
応援のクリックをぜひお願いします!
人気ブログランキングへ

チャっくん

Author:チャっくん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
一番のおススメの口座
すごく使いやすいです。持ってない方がいたら5000円もらえますし試して見てください!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。